気持ち良く故人を送り出せる葬式

誰かが亡くなったと知らせを受けることはとても悲しいことです。
亡くなった人が親しければ親しい程、近ければ近い程悲しさが込み上げてきます。
どんなに予定が立て込んでいても、葬式に出てあの世に送り出してあげようと考えるのは当然の心情です。
この世での最後の別れの場です。
しかし、悲しみに暮れる葬式には普段会わない人達が集まります。
普段表面上仲良く付き合っていた人でも、酒が入るとちょっとした不満が火種となり、口論や喧嘩に発展してしまうことがあります。
また、悲しみをこらえて弔問客のために動いている人もいる一方、相続のことを考える人がいるなど思考は人それぞれです。
ちょっとしたことが発端でトラブルに発展する場合もあります。
人生で各人が主役になれるのは3回だと言われます。
誕生と結婚と葬式です。
そのような場で、子供や親族、知り合いが喧嘩をしているのを見る故人の気持ちを想像してみましょう。
逆に悲しみに暮れているはずです。
葬式でのトラブルの話は多いですが、故人が安心してあの世に行けるように気持ち良く送り出してあげるよう努めるべきです。