最近のお葬式はは家族葬が増えています

最近のお葬式は家族葬が増えています。
核家族化の影響で地域や知人との繋がりが少ないことも理由ですが、それに加え故人が遺言で派手な式を好まない場合もあります。
会社や地域との繋がりが強い場合は、盛大な葬式となる場合が多いですが、参列者は必ずしも故人と関係がある人というわけでは有りません。
半ば義理で参列される方もいらっしゃって生前の故人とは会ったこともない場合も有ります。
もうこうなると誰のために執り行われているのかわからなくなってしまいます。
これが、家族葬となると故人に近い家族や親族、故人の友人など本当に生前に関わりがあった方が参列されるので意味深い葬儀となります。
また、葬儀の規模が小さいと斎場や葬儀場も押さえやすく、更には料金も割安になります。
むろん、葬儀自体は葬儀会社にお任せすることに成りますが、家族葬は自由度が高いので本当の意味での野辺送りが出来ます。
何も規模が大きいばかりがいい葬式ではなく、故人に縁の深い参列者の中で厳かに行われることこそがいい葬式となり得ます。